メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

視力(視機能)の数値

視力検査に使う視力の標について書きましたが、
前回の分わかりました?^^;

決まりごとなんで、深く考える必要ないですよ、
その決まったものが見えれば1.0なんです!

後は現場でってことで書きましたが、簡単に
書くと算数で

5mで見えれば1.0のランドルト環を倍の
距離10mで見えれば2.0、半分の距離
2.5mで見えれば0.5になります。

この円が大きいくないと見えないってことは
切れ目の隙間が大きいってことです。
大きくないと見えないって事はそれだけ
見えにくいってことですよね^^

小さいのがわかれば見やすいってことです。

当たり前ですよね、それが数値化されただけです^^


で、眼科やメガネ屋さんではこのランドルト環を
使って測定していきますが、自動車学校や簡単な
健康診断だと平仮名やアルファベット使ってる
場合があるんですよね。これも実は違うんです。

何が違うかは・・・呼び方が(笑)

ランドルト環を使った検査を
最小分離閾(イキ)
円の隙間が一番小さい時の視角を見分ける

最小可読閾
文字などが一番小さい時に見える視力

呼び名が違うと言いましたが、正確には
視力が若干変わる場合があります。
その程度で^^眼科検査、コンタクト、メガネ
作る時は「分離」を使います。


他にも視力は色々あって

遠見視力に近見視力
遠くか近くかです(笑) 遠見5mで近見30cmで測定

裸眼視力に矯正視力
裸眼 = コンタクトやらメガネやら何もしてない視力
矯正 = その逆

片眼視力に両眼視力
片眼 =片眼を隠してもう一方の眼のみの視力
両眼 =両眼開放の視力 一般的には両眼視力が良い
    片眼がいい人もいる


1,2と分けて書きましたが、視力検査と言うより
「視力」についてかな^^;
眼科で働く時、まずこの視力検査,特に裸眼視力検査を
最初にやると思います。

この辺も基本的なことなんで覚えましょう!
ただ視力は機械にこの段だと1.0、その下だと
1.2って分かりますからね(笑)

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.