メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

視力検査のお仕事

視力検査

ハッキリ言って、この視機能は難しい;;

が、眼科コメディカルとORTは違うよって
説明したと思いますが、主にORTさんがされる仕事で、
コメディカル(OMA)として必要なのは一部です。

ただその一部が仕事の大部分だったりします(笑)

稀に・・・稀にですが色々と覚えさせられて
やらないといけない場合もありますが、その時、、、、

先生に信頼されてる!

と思って覚えるしかないでしょうね(笑)

私は・・・内緒(笑)

で、眼科コメディカルがする一部と言うのが
視力検査です。実質メインの仕事。
これがメインの仕事です!
学校やら、免許更新やら、会社の健康診断やらでも
やる、あれです「上、右。。。えっと」ってやつ。

さて、、、テキストには「視力とは!」とか
「視力の定義!」とか難しく書いてます。

ここは眼科コメディカルでもやる仕事ですから
黙って覚えましょう^^;

紹介しておくと

視力の定義
「視力とは物体の形や存在を認識する眼の能力である」

視力検査

視力の単位
「視力は2点を2点として見分けることんできる
 最小視角で表す。正常の最小視角は1′(1分)で
 ある」

丸覚えでお願いします(笑)実際現場で使う言葉でも
ないですが、まぁ眼科コメディカルですから^^

視力を表すのに単位の指標を使わないといけないんですが、

物凄く簡単に言いますね^^
よく視力で1.0とか0.3とか言いますね、
何が見えたら1.0なのかってことです、この
理屈が大事です現場でも試験でも!!

ランドルト環を用います。。。何それ?ですよね。
アレです、視力検査する時に黒色で切れ目の入った円
そう、あれです(笑)

その円(ランドルト環)が直径7.5mm、太さ1.5mm、
切れ目の幅1.5mmの時、5m離れた位置から右!とか
上!とかわかる視力を1,0とします。

んで、難しく書いてる1′(1分)とは、この円の
切れ目2点と目の玉を1つの点として直線で結んだ時の
隙間の角度のことを言います。
文章じゃちょっとわかりにくいんで絵見てください^^

コレを基本に視力検査するんです、なーーんてない
あの黒い円は決まりがあったんです!
コレを元に1.0とか0.7とか、また0.02とか
出していくんですね。

その出し方は算数です。
こっから先は資格取る際、仕事する際に
教わりましょう(笑)

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.