メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

測定に使う機械・道具

いやー結構覚えることありますね、よく覚えたな!
と・・・古いですが自分で自分を褒めて。。。(笑)

屈折・調節の異常と矯正を駆け足で書いていきましたが、
あくまで仕事でこんなことやるんだよってな内容なんで
続きはしっかり現場の先輩に習ってくださいね^^

いっぱいある中で近視・遠視・乱視・老視だけを
取り上げて書きましたが、これらの検査やメガネ
合わせがメインの仕事だからなんですよね。

で、今回はその測定に使う機械・道具をほんの少し
ですが紹介します!

視力を測るための視力標。
これは見たことありますね^^

オートレフ

オートレフ。
簡単に老視以外の屈折異常を測ってくれます。
これはその機械で測定してる眼(笑)


仮枠。
色々なレンズを入れて屈折異常の度数を
測っていきます。


テストレンズ。
まんまです(笑)
屈折異常の矯正や老視の補正に使います。


クロスシリンダー。
乱視の測定に使います。

こんなとこでしょうか^^
どれも最初は慣れるまで、自分で測定したその屈折の
度合いが合ってるかわからないもんですが、内容と
手順を把握して、、、後は回数です!!
ひるまずに自分から進んでやりましょう^^


とは言っても最初はね^^;
私も慣れるまで大変でした。
答え方が曖昧な人とか、質問の意味が理解できない方
とか様々です。。。。慣れてくると、その辺もわかって
くるはずですよ^^

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.