メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

老眼について

乱視のチェックどうでしたか?

結構気になって真剣にやったんじゃないです(笑)

少し線全体がぼやける距離で見ると分かりやすい
ですけどね、絵がちっちゃいんで^^;

じゃ近視、遠視、乱視ときたんで老視ですね。
一般的には老眼って言葉ですね^^;

老視・・・老人になって見にくい
     、、、、ちょっと失礼か^^;

一応専門的に・・・
中年になって水晶体の弾力性が弱まって、
近い所を見る時に必要な調節ができなくなった状態

距離にして3,40cm位のものを見るときに
主に水晶体のピントあわせが弱くて光が
スクリーン(網膜)上に写らない状態です。

これは字の通りで老化現象なんですよね^^;
こればっかりはしょうがないです。

大体40過ぎから始まりだして年齢とともに
ピント合わせする力が弱くなるんでいわゆる
老眼鏡の度を強くしないといけないんですが、
使う人が何を見たいか、でも度の強さが変わる
んで、その方が何を見る時に使うのか、
パソコンなのか新聞なのか地図なのかですね、
それをしっかり聞き出して老視用のメガネを
合わせてあげるのがコツです!!

その前に検査覚えないとですが^^;

老視は屈折異常じゃなくて、調節異常に
なるんですが、他にも調節異常はありますが、
ここでは老視だけ触れておきますね。

あ!、これも大事だと思うんですが・・・
40過ぎから始まり「見にくくなった」と言って
皆さん相談・診察来られるんです、本人も薄々
そうじゃないかなーって来るんですよ。

そこに「老眼です!」ってのは結構キズつく方も
いらっしゃいます。。。あなたは年寄りです!って
言うようなもんですから、気を使いながら
やんわりと説明しないとですね^^;

当然、それで怒られたことあります(笑)

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.