メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

乱視について

遠視のとこちょっと真面目に語ってたでしょ(笑)

いやね近視も勿論大事ですが、これは本人がわかるん
ですよね、遠視は直接的に視力に影響出る人もいれば
間接的に影響が出る人もいるんで、きっちり把握して
適切なアドバイスをしてあげないといけないんです!!

ん、眼科コメディカルらしい、アドバイスだ(笑)

乱視

さ、続きを・・・
近視・遠視と同じパターンで書いていきます。。。

乱視・・・乱れて見える(笑)

一応専門的に・・・・
調節を休ませた時に平行光線がどこにも像を結ばない屈折状態

スクリーン(網膜)上で光(映像)のピントが合わないで
見づらい状態です。
近視・遠視だとどっかでピントが合うんですが、
どこにも合いません。

乱れて見える(笑)  ってさっき書きましたが、
実際皆さんもそう思ってたと思うんですよね^^

で正確には「正乱視」「不正乱視」と2種類あって
ほとんどが「正乱視」なんです。

そう正しく乱れます!!

専門家がなーーんも気を使わずに「乱視ですね!」とか
言おうものなら患者さん「あー俺目が悪いんだーー」って
落ち込む方もいます。

だから勉強して正乱視、不正乱視を把握してどっちなのか
それがどうなのかを教えてあげないとですね^^
乱視も調節して見たりする人いますから、遠視と
同じようにですね!

図を見てください。雑ですが^^;

乱視を図る図

縦線だけ濃く見える・・・・
横線だけが濃く見える・・・
ある片方の斜めだけ濃く見える・・・

それ乱視です、全部ぼけて見えるは乱視は少ないと
思いますが、なんかあります(笑)

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.