メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

眼科コメディカルが覚える目薬

眼の病気の重大さ知りましたね!?
まずそうならないようにしたいもんです!

が、もしなってしまえば進行を防いだり、
治せるものは治す!

当たり前ですね^^;

その一つの手段として薬があるんですが、
今ほぼ院外処方になってますんで、先生の
カルテ見て薬を患者さんに渡すって仕事は
ほとんど無いですが、診察時の処置にあるいは
検査に使うこともあります。

試験や業務に出てくるのは主に散瞳剤(点眼)、
縮瞳剤(点眼)、点眼麻酔剤かな。
ステロイド系も確か出たな^^;

散瞳剤は瞳孔を開くための薬で、眼底検査や
小児の屈折検査などでよく使います。
勿論治療でも使います。
副作用として眼圧が高くなるものが多いので
緑内障患者に誤って使うと大事です!!!

ミドリン・アトロピンなどなど


縮瞳剤は散瞳と逆で瞳孔を閉じる、、、狭くする
薬ですね。

ピロカルピン・カルピノールなどなど


点眼麻酔剤はそのまんまです^^
ベノキシールなど

その他には抗真菌剤、抗ヘルペスウイルス剤、
ステロイド剤などこれまたたくさんの薬があります。

軽い副作用からきつい副作用まで薬にはあります、
取り扱う場合は知識と先生の指示のもと扱うように
しないとですね^^;

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.