メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

本当に必要なのか?

"私の友人の一人は、社内での英語公用語化が原因で長年務めてきた某大手企業を退社しました。彼女の話を聞いていると、本当に社内で公用語を英語にすることに意味があるのか疑問に思えてきました。
確かに、英語が出来ないより出来る方が良いに決まっています。また、仕事内容によっては英語が出来なければ話になりません。英語必須の職場で公用語も英語にしてしまうのなら納得がいきますが、そうでない職場で英語を話す必要があるのでしょうか。
私の友人が務めていた会社の場合、一部部門では英語を使用する仕事もあったそうです。しかし、彼女がいた部署を含むその他の部門では仕事上では英語は一切使用しなかったそうです。しかし、ある時から急に社内の公用語が英語になり、社内での会議、会話、社内メール全て英語を使用することになりました。そうなると、それまで英語に馴染みのなかった社員達は会議の内容や社内メールで送られてきた内容がチンプンカンプンになり、会議に集中できない、メールを解読して、さらにそれに英語で返信するという作業に非常に時間がかかる、といった形で仕事の効率がガクンと下がったそうです。
これでは、英語は出来ないけど仕事はテキパキ出来ていた社員を無駄にしてしまう事になってしまいます。英語が特に必要ではない仕事をしている職場での英語公用語化、私はするべきではないと思います。"

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.