メガネ屋さんで働く私が書いた眼科コメディカルの資格取得のアドバイスについてのサイトとなります。

調理師免許を取得した理由

"20代前半の頃私は働く事が嫌いで、社員でなくてもパートやアルバイトで十分という考えでした。
初めて勤めた工場も準社員として働いてましたが3ヶ月で退職、スーパーのレジのパートもしましたが半年で辞めたりとなかなか安定しなかったです。

3ヶ月ほどニート生活を送っていました。
たまたま近所の総合病院で患者さんの食事を作る給食係の応募が出ていました。

特に免許も必要がなく、近所ということもあり軽い気持ちで面接を受けました。
特に調理師の免許は必要が無く仕事内容としては、食器の洗浄場、調理補助という事でした。

それから1週間後、採用通知が届きすぐに働く事になりました。

私の担当は調理補助でした。
指示書のメニューにそって給食を作っていくのですが、調理をするにはやはり調理師、栄養士の免許がある方が作っていました。

それから4年ほど、この職場で働きましたが作っている姿を見ていると自分も免許が欲しいと思うようになり、調理師免許を取得することに決めました。

免許があれば調理に携わることができるし、お給料も少し上がるからです。
調理の免許は、2年以上調理に関わっていることが条件だったのですぐに試験を受けることができました。

結果は合格で、改めて私は調理師として職場で働く事が出来ました。

仕事に必要な免許でしたが、自分の自身にもつながるし資格を取ってよかったと思っています。

"

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)眼科コメディカル(OMA)の資格取得ナビ All Rights Reserved.